キービジュアル

2020年7月22日

【練馬区の場合】ペットと一緒に避難所へ避難できるの?ケージは必要?

災害はいつ起こるかわかりません。
家族の一員であるペットの避難のこと、具体的に考えていますか?
お住まいの地域、お近くの避難所ではペットとの同行避難が可能かどうか、飼い主の責任として知っておく必要があります。
※2020年6月現在の情報です。変更される場合もあります。

  • 同行避難と同伴避難って何が違うの?

    「同行避難」とは、ペットとともに安全な場所まで避難する行為を指します。同行避難の後の避難所生活については、ほとんどの自治体で避難所での人間と動物のスペースは分けられています(補助犬は例外)。
    一方「同伴避難」とは、ペットとともに避難した被災者が、避難所の中で一緒に避難生活を送ることです。大きく異なりますので注意が必要です。

  • そもそも、練馬区では避難所へペットと一緒に避難できるの?

    同行避難OK

    (飼い主がケージ等を準備)

  • 避難所に一緒に避難できる動物は?

    犬・猫等の小動物

    小動物はハムスター・ウサギ・フェレット・小鳥・爬虫類等のペットを想定(大きさの制限はない)

    犬
    猫
    小動物(小鳥等)
    小動物(ハムスター等)
    小動物(ウサギ等)

    ※上記の小動物でも、他の避難住民やペットに危害を及ぼすと思われる動物は受け入れない。

  • ペットはどのような場所で管理されますか?

    各拠点ごとに決定

    水災害時においては人とペットの避難エリアを分離した上で、屋内に飼育場所を定める。

  • 災害時にペットが負傷してしまったらどうするの?

    応急措置が可能

    練馬区獣医師会は、相互協力に関する協定を取り交わしている。相互協力の内容の中に「負傷した動物への応急手当に関すること」があり、その細目で、「負傷した動物への応急手当等を必要と認めた場合、会員が保有する施設等において、これらの業務を開始する。」としている。

  • 練馬区ではペットを連れた防災訓練は行っていますか?

    一部避難拠点で実施

    ペット(犬、猫)の同行訓練を実施している。開催情報は、地域の案内チラシなどで確認できる。

  • 関連リンク

  • 練馬区におけるペットとの同行避難について、思ったこと

    「大災害!ペットはどうしたらいいの?」はQ&A形式や写真でとても分かりやすくまとめられていていいです。また、「災害時ペット管理ボランティア」の募集をしています。この様な制度があるのは練馬区だけで、他の区でもこの様な制度が整うと良いと思いました。

contents_top