キービジュアル

2020年7月22日

【目黒区の場合】ペットと一緒に避難所へ避難できるの?ケージは必要?

災害はいつ起こるかわかりません。
家族の一員であるペットの避難のこと、具体的に考えていますか?
お住まいの地域、お近くの避難所ではペットとの同行避難が可能かどうか、飼い主の責任として知っておく必要があります。
※2020年6月現在の情報です。変更される場合もあります。

  • 同行避難と同伴避難って何が違うの?

    「同行避難」とは、ペットとともに安全な場所まで避難する行為を指します。同行避難の後の避難所生活については、ほとんどの自治体で避難所での人間と動物のスペースは分けられています(補助犬は例外)。
    一方「同伴避難」とは、ペットとともに避難した被災者が、避難所の中で一緒に避難生活を送ることです。大きく異なりますので注意が必要です。

  • そもそも、目黒区では避難所へペットと一緒に避難できるの?

    同行避難OK

    (飼い主がケージ等を準備)

  • 避難所に一緒に避難できる動物は?

    犬・猫・小動物

    犬は中型、大型含む。小動物は小鳥、うさぎ、フェレット、ハムスター等。

    犬
    猫
    小動物(小鳥等)
    小動物(ハムスター等)
    小動物(ウサギ等)

    ※トラ、タカ、ワニ、オオトカゲ、ニシキヘビ等の人に危害を加える恐れのある動物(特定動物)、大型の動物、特別な管理が必要な動物等は受け入れ不可。

  • ペットはどのような場所で管理されますか?

    避難所運営協議会または施設管理者が決定

    人の居場所とペットの飼育場所を分離し、ペットは限定した区画内において原則ケージまたはキャリーバックに入れるかつなぎ止めて飼育。ペットの飼育スペースは避難所運営協議会または施設管理者が決めるが、台風等風水害の場合を考慮し、屋内にも活用できるスペースを確保しておくことを推奨している。

  • 災害時にペットが負傷してしまったらどうするの?

    応急措置が可能

    東京都獣医師会目黒支部の動物病院とペットの救護に関する協定を結んでいる。
    放浪動物、飼い主不明の傷病動物は区でペット保護所を立ち上げ、そこで保護する。飼い主がいる場合は、自身で動物病院に連れていくか、地域避難所等で医師の到着、対応を待つ。

  • 目黒区ではペットを連れた防災訓練は行っていますか?

    総合防災訓練等で実施

    毎年9月の総合防災訓練で実施しているほか、地域の防災訓練にも主催者から要請があった場合に実地。参加可能な動物は犬・猫・小動物。開催情報は区報・町会掲示板・区ホームページで確認できる。

  • 関連リンク

  • 目黒区におけるペットとの同行避難について、思ったこと

    毎年9月の総合防災訓練ではペット同行避難の体験コーナーを設けていて、実際にペットを連れていって体験出来るのは凄く良いと思います。参加してみたいです。

contents_top