キービジュアル

2020年7月22日

【足立区の場合】ペットと一緒に避難所へ避難できるの?ケージは必要?


災害はいつ起こるかわかりません。
家族の一員であるペットの避難のこと、具体的に考えていますか?
お住まいの地域、お近くの避難所ではペットとの同行避難が可能かどうか、飼い主の責任として知っておく必要があります。
※2020年6月現在の情報です。変更される場合もあります。

  • 同行避難と同伴避難って何が違うの?

    「同行避難」とは、ペットとともに安全な場所まで避難する行為を指します。同行避難の後の避難所生活については、ほとんどの自治体で避難所での人間と動物のスペースは分けられています(補助犬は例外)。
    一方「同伴避難」とは、ペットとともに避難した被災者が、避難所の中で一緒に避難生活を送ることです。大きく異なりますので注意が必要です。

  • そもそも、足立区では避難所へペットと一緒に避難できるの?

    同行避難OK

    (飼い主がケージ等を準備)

  • 避難所に一緒に避難できる動物は?

    種類や大きさの制限はなし

    (避難者に危険を及ぼさない動物等)

    犬
    猫
    小動物(小鳥等)
    小動物(ハムスター等)
    小動物(ウサギ等)
  • ペットはどのような場所で管理されますか?

    避難所の規模や設備によって異なる

    令和元年の台風19号を受けて、避難所として利用する各施設の利用計画を見直している。屋内の浸水しないフロアにペット動物用居室を設けるよう見直しを進めている。

  • 災害時にペットが負傷してしまったらどうするの?

    応急措置が可能

    足立区内で2か所開設(生物園、都市農業公園)。

  • 足立区ではペットを連れた防災訓練は行っていますか?

    避難所運営会議主催で実施

    避難所運営訓練:区と地域の避難所運営会議が連携して訓練を実施(年間65か所程度)令和元年度は1か所でペット動物同行避難訓練を実施)
    総合防災訓練:年1回実施。獣医師会と連携した動物救護所の設置訓練も実施。
    実施予定日や内容は区ホームページで確認できる。

  • 関連リンク

  • 足立区におけるペットとの同行避難について、思ったこと

    一番気になるのは逸走動物用ケージの備蓄が全く無いことです。また、同行避難に種類や大きさの制限は設けていません。とのことで良いことの反面、トラブルにならないようにキチンとルール作りをしていただければと思います。

contents_top